土木工事・建築工事・設備工事のフリーソフトを活用したいあなたへ

まだ外注に頼んでいる? 自前で簡単! 看板・広告塔計算ソフト

WRITER
 
08 cc2222 - まだ外注に頼んでいる? 自前で簡単! 看板・広告塔計算ソフト
この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 建設-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案。
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら


設計・計算・顧客商談までをサポートしています

店舗設計などで、高さ4m以上の独立看板設計を受注したとき、以外と煩わしいのが構造計算書の作成と、確認検査機関への提出書類です。

構造計算の内容を理解するには専門的な知識が必要なため、外注先の構造設計事務所などに委託することが多いかと思います。

しかしながら、これらの専門的な知識が無くても、確認申請に提出できる計算書を作成することができます。それが、看板・広告塔構造計算ソフトです。

多くの広告塔作成企業は導入している! 必ず見つかる最適ソフト

単に看板・広告塔基礎の計算ソフトを探そうとしても、ウェブ上ではさまざまなシェアソフトやフリーソフトがあるため、実務で使用するのに最適なソフトを探すのは大変です。
また、最適なソフトが幾つか見つかっても比較・検討に時間が掛かってしまいます。

看板・広告塔・標識の計算のフリーソフトをまとめて紹介
そこで、当サイトでは、面倒な比較などの負担を軽減するため、各種ソフトのダウンロードリンクを網羅しています。
各リンク先では、ソフトの特徴や業務改善を伴う有益情報がたくさんあるので、最適なソフトが見つかるはずです。


また、記事の後半では、看板・広告塔構造計算ソフトを導入しない企業の問題点や、導入した際のメリットについて説明します。


看板の構造計算ソフトを使うのは難しいの? 使用をためらう企業の本音


企業が看板・広告塔構造計算ソフトを導入しない理由とは

・ 官庁に提出するような資料が作れないんじゃ?
・ 既存の広告塔や基礎に対応できないんじゃ?
・ 構造計算ソフトって操作が難解で使えないんじゃないの?
・ 計算はしても提出書類に体裁整えないといけないんじゃ?
・ ランニングコストが掛かりすぎて、外注に出したほうが楽。
・ 顧客に説明できない資料が出来てもねぇ。
・ どうせ、基礎形状が一種類しかないとかじゃないの?

上記のような理由により導入しない、または、ためらっている企業が多いようです。
しかしながら、これらの理由は一概に正しいとは言えないのです。


引き続き、看板・広告塔構造計算ソフトを使用する際の問題点を、解決する方法について説明しましょう。


既存の屋外広告塔・広告の構造計算ができる!


3年ごとの定期点検が義務付けられているとはいえ、企業のコンプライアンスが叫ばれる昨今、数十年前の計算で算出した看板基礎などが、構造的に問題が無いのか、安全管理のため、計算することが近年増加しています。

現場で、鋼材や看板形状などがわかれば、すぐに計算結果を算出し、合否判定の一助にできます。

看板・広告塔計算ソフトは、直感的な操作が可能!

パソコンが不慣れで、操作方法がわからないなんてことにはなりません。

看板の大きさや構造・使用部材などをプルダウン形式、またはフローチャートに基づいて入力していくだけなので、スマホが使える程度の知識があれば充分使いこなすことができるのです。

必要な項目を伝えれば、事務職の方でも扱うことができるのは非常に魅力的です。

ソフトを使えば構造計算書が簡単に作成できる!

使用する材料や看板の形状などがわかれば、必要項目を入力するだけで官庁・審査機関へ提出できる構造計算書が簡単に作成されます。

関連基準は、建築基準法そのほか日本建築学会公表の基準に合致しており、計算間違いなどの指摘を受けることもありません。
成立しない計算結果が出た場合でも問題点が瞬時にわかり、対応しやすいのです。

また、一度作成してしまえば、今後は類似の構造であれば、より早く計算することも可能となり、作業時間の短縮・確認申請業務への迅速な対応も可能となるでしょう。

一般的な形状の看板基礎に対応している!

基礎形状はさまざまありますが、一般的な「ポール」「1本柱」「2本柱」「ダブル看板」など様々な構造に対応しています。

個別に算出するソフトもありますが、ソフトの中には統合されているものもあり、看板形状に最適な基礎形状を比較しながら検討することができます。
使用部材も適宜変更することができるので、基礎コストの削減に一役買うことでしょう。

最適な看板支柱を選択しコスト改善できる!

逆に、看板の形状と支柱を相互に検討することで、コストパフォーマンスに優れたものを選定することまで可能となります。
様々な形式に対応しているソフトが多数あり、たとえば、看板形状は変えずに支柱の検討ができたり、その逆も簡単に行えるのです。

このような計算を、手計算や従来のソフトでは対応していなかったものが、今回紹介しているソフトであれば簡単に、直感的に、検討することができるのです。
設計業務は、人件費 = のところがあるので、優秀なソフトを使用することにより、作業時間短縮 = 人件費削減、を実現できるのです。

直感的な操作性を有しているため、顧客と商談している最中に計算することも可能なので、画面を見ながらお互いにどのような形状が最適なのか、確認することができます。


まとめ/看板・広告塔構造計算、ノートPC1つで迅速な業務と判断ミスの無い設計を


看板・広告塔構造計算ソフト導入した際のメリットとは

・ 既存広告物の計算ができる
・ 快適なGUI環境により操作が簡単
・ 書類作成が簡単
・ 基礎構造の選択肢が広がる
・ コスト対比が容易
・ 業務改善に一役買います

いかがだったでしょうか? 
最適なソフトはみつかりましたか?

古い看板などの倒壊による人身事故などが昨今ニュースをにぎわすことも多くなっています。
看板基礎構造計算は、従来よりも重要視される傾向にあり、災害防止の観点からも、判断ミスの無い設計を実行しなければいけません。

ぜひ、今すぐ導入されることをお勧めいたします。



この記事を書いている人 - WRITER -


運 営 者 : 建設-BOSS

職  業 : 建設コンサルタント会社の企業内技術士(現役)

習得資格 : 技術士(建設部門)、RCCM、測量士、
      施工管理技士(各種)、ダム管理士など多数。

主なWEB活動 :
簡単に使える建設系CADシステム・技術計算ソフトの分析比較。
最良と呼べる企業ごとのシステム構築の提案。
誰もが楽に合格できる建設系資格試験の受験支援など。

仕事以上の趣味とゆとり : 酒と肴のための放浪


詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 建設部門のフリーソフト『建設-BOSS』 , 2019 All Rights Reserved.